文字サイズ

カルチャー通信

2018.04.01
締め切り間近! 東京建築散歩とお食事ツアー

一級建築士の解説付き! 全3回
有名建築散歩とお食事ツアー


歴史的建築物や珍しい建物を一級建築士の講師とのんびり散策しながら知識を学びます。
散策の途中、講師イチオシのお店でランチを堪能。
 

【日程】
第1回:平成30年4月26日(木)
第2回:平成30年5月24日(木)
第3回:平成30年6月28日(木)
 
【時間】
10:30〜15:00頃
 
【受講料】
※入会金・運営維持費別途
12,150円(全3回)
資料代含む
 
【食事代・拝観料等】
実費 目安3,000円程度/回
 
【講師】 
齋藤 修
一級建築士・福祉住環境コーディネーター
・中華街の達人・自然観察員 
 メディア協力も多数

※コース・食事場所等はご参加者人数、施設の状況で変更になる場合があります

お申し込みはお近くのカルチャーセンターまたは
株式会社カルチャー 本部までTEL:042-746-9212
 
 

第1回
426日(木)
スカイツリーから亀戸天神藤まつりのたび
集合:​10時30分押上駅 解散:亀戸駅予定

南北に走るまっすぐな溝渠(横十間川)を歩いてみましょう

押上-大横川(親水公園)-たばこと塩の博物館-界隈散策-横十間川-亀戸天神藤まつりを堪能

亀戸天神社
亀戸天神社(かめいどてんじんじゃ)は、東京都江東区亀戸にある神社(天満宮)である。菅原道真を祀り、学問の神として親しまれている。特に1・2月の受験シーズンの土曜・日曜には、道真の加護を求めて絵馬を奉納する受験生で境内が溢れる。通称は亀戸天神、亀戸天満宮または東宰府天満宮。

亀戸天神社 藤まつり
4 月の下旬から一斉に咲き始める、藤の花。薄紫の可憐な花が幾つもの房となり、藤棚から風に揺れる様はとても美しく、“東京一の藤の名所”と呼び声高いのもうなずけます。藤棚の下には心字池が静かに広がり、水面に映る紫のコントラストも亀戸天神社ならでは。
この美しい藤の花は、江戸の名所として五代将軍綱吉公、八代吉宗公が訪れたという記録があり、また多くの浮世絵などの題材にもなっているという、由緒ある藤でもあるのです。また、亀戸駅から亀戸天神社へ徒歩で向かう途中の、下町情緒あふれるまち歩きも合わせて楽しむことができます。
 


 

第2回
524日(木) 
小金井郊外「江戸東京たてもの園」を鑑賞
集合:​10時30分 武蔵小金井改札出口(北口) 解散:小金井駅予定
 



第3回
628日(木)
湯島聖堂から神保町・神田川を散策
集合:10時30分 JR御茶ノ水駅(聖橋口)北口 解散:東京駅または竹橋駅

神田は庶民の町でありながら、老舗料理店・居酒屋なども健在な場所。
路地を散策しながらお茶の水界隈を目指します。鉄道博物館の跡地には、新たに整備されたショッピング街もあり、間近で鉄道も見ることができます。お茶の水の学生街の雰囲気にしたりながら、神田川を渡り、湯島聖堂まで足を伸ばしてみましょう。

お茶の水-湯島聖堂-新御茶ノ水駅-ニコライ堂-淡路公園-神田須田町
(いせ源・竹村・藪そば等老舗散策)-商店街散策(稲荷神社・ガード下飲食店路地散策)-神保町駅-竹橋-東京


 
    《湯島聖堂》

お申し込みはお近くのカルチャーセンターまたは
株式会社カルチャー 本部までTEL:042-746-9212
 

 

  • image1